adminが投稿した記事一覧

世界最大の格安旅行会社

ドリームトリップスは、世界の超一流ホテルに最安値で宿泊できる旅行会社です。

投稿者:admin

バンコクでおすすめのお土産スポット

海外へ卒業旅行の締めくくりは、「お土産選び」でしょう。
タイ・バンコクには、お土産を販売するスポットはたくさんあります。
しかし、バンコクは大都市化が進んでいるので、タイの伝統的なお土産を安く買えるお土産屋さんは、なかなか見つからないものです。
大型ショッピングモールでもお土産は販売されていますが、「海外旅行でのお土産探し」という雰囲気はイマイチですし、値段もそれほど安くありません。
そこで、卒業旅行の学生さんにおすすめの、バンコクのお土産スポットを紹介します。
タイのお土産やタイらしい雰囲気を思いっきり味わえるのが、「チャトゥチャックウィークエンドマーケット」という1万5千店以上ものお店が連なるタイ最大の市場です。
マーケットの敷地は、東京ドーム約2.5倍もあり、タイ国内外から人が集まり来客数も非常に多く、「通り過ぎたお店に戻るのは難しい」と言われるほど大規模です。
チャトゥチャックウィークエンドマーケットは、土日だけ開催されていますが、20~30万人もの人が訪れると言われており、マーケット周辺からテーマパークのように非常に賑やかになっています。
売られているのは、衣類、アジアン雑貨、インテリア、高級オブジェなど、とにかく何でも山積みになって売られています。
さまざまなデザインのTシャツが日本円で500円以下で買えたり、有名スポーツブランドのスニーカーが2,000円以下だったり、とにかく価格が安いのが魅力です。
見るだけのつもりでチャトゥチャックに立ち寄ったのに、帰りには、両手に買い物袋をたくさん下げていた、ということも珍しくありません。
それほど楽しいチャトゥチャックウィークエンドマーケットですが、買い物を楽しむには注意しないといけないこともあります。
まず、どのお店も商品が安いので、1000バーツのような高額な紙幣を出しても、おつりがないと言われて買えないことがあります。
そのため、できるだけ小銭を多く用意しておきましょう。
また、店が連なっているので、風遠しが悪くて湿気も非常に多いので、汗拭きタオルやミネラルウォーターを用意しておくことをおすすめします。

海外旅行は人々の関心を集めています♪

海外旅行 楽しすぎて狂っちまいそうだ!

蓮野ニコのニコnikoブログ
?平和な世界を創るために?31

こんにちは(“⌒∇⌒”)

〇日本の柔らかさ(場のエネルギー)〇

ちょっと変なタイトルかも知れませんが、何も日本を指圧した事があるというわけではありません。
整形外科に勤めているときに、初めて海外旅行を経験してから、度々、海外へ行くことになるのですが、そのときから何度も味わった感覚がこれなんです。
 つまり、日本へ帰ってくるとき、飛行機が日本上空に近づいてくると、ある地点で 「柔らかく」 感じるんです。 私はその前から目をつむって、その場の空気を感じているのですが、 「ある地点」 で柔らかさを感じるのです。
 『あぁ なんて日本はやわらかいんだろう~』 と。 心地良い柔らかさです。
 空気が澄み切って、おいしいとか、 良い香で、気持ちがいいとか、そういう物理的な感覚ではなく、 例えば、明治神宮の大鳥居を,くぐる前とくぐって中へ入った後の、その場の雰囲気の違い・・・そんな感じです。
昔、初めて伊勢神宮へ参詣したとき、伊勢市内に宿をとり、その部屋で瞑想をしたときです。 そうしたら、とてもやりやすかったので驚いた覚えがあります。
 瞑想が行いやすかったのは、伊勢神宮という、とても清まった場所が近くにあったせいだと思うのです。 その「場」のエネルギーは、その場だけではなく、そのエネルギーが強ければ周りにも影響を与えるということでしょうか、。
 私の感覚では日本という場は 「柔らかい」。「和む」 そんな感じでしょうか。 日本のことを大和の国とも言いますしね。 
 ですから、この日本に住んでいる人々は、この「和」の質のエネルギーをいつも受けているのだと思います。
 日本人は「あいまい」だとか、「はっきりしない」とか言われることがありますが、これは「和」の質が否定的に取られているからではないでしょうか。 この「和」の質を「調和」、「和ませる」というふうに、肯定的に自覚するようになれば、このエネルギーを自分にも周囲にも、より良く活かせるようになるのではと思います。

《コブラ情報》
光の勢力と闇の勢力、9
(PFC-JAPANからの引用)

イエズス会派

1800年代初期頃に、ロスチャイルド派が覇権につくまで、イエズス会は非常に強い力を持っていました。イエズス会員の1割はこの会派に所属しています。その中には数人の枢機卿、黒教皇(アドルフォ・ニコラス)、白教皇(ヨゼフ・ラッツィンガー)と、イタリアの黒貴族家系も含まれています。この会派は、キリスト教のグノーシス派とグノーシスの奥義を滅ぼすために、325年のニカイア公会議でコンスタンティヌス一世が(現在の)キリスト教を創始した時に作られた組織です。このイエズス会派は、異端審問という形でその権勢を誇り続け、それがいまだに多くのカトリック組織に深く浸透しています。イエズス会派の主に影響圏は南米とアフリカです。彼らの主な目的は精神的な支配と人類の抑圧です。もっとも、いまの彼らはただ生き残りたいだけです。イベント後、真実と突き合わせることによって、すべての主流宗教は大きく浄化されるでしょう。

〔健康小話〕
体は素晴らしいセンサーになります。
そのアクセサリーが自分にポジティブなエネルギーになるのか、そうでないのかを調べたい時、アクセサリーを手に持ち真っ直ぐに立ちます。
「このアクセサリーは自分に良いエネルギーを与えますか、教えて下さい。」と念じながらアクセサリーを胸の前に持ってきます。

そうすると、微妙に体が前か後ろに動きます。(はじめは上手くいかないかも知れませんが、)
通常は前に動けば答えはYESです。後ろに動けば答えはNOです。

好き嫌いがはっきりしている物、またはそれが写っている写真でもよいのですが
、それを使うと体の動く感覚を受け取りやすくなると思います。
好きな物を手にした時は体が前に動きます。
例えば、今夜のおかずに迷った時、その食材、出来た惣菜でもいいのですが、それを胸の前に持ってきます。体が喜ぶものだったら体が前に動くはずです。(^_^)
(行う時は電化製品の近くではない方がよいと思います。)

海外旅行が欲しかった

こんにちは。

私は決めていることがあります。

そらの病気が悪化するまではそらとなるべくたのしく生活をするってこと。

 

そらを乳児院に預けたい、という気持ちは、病気を指摘されたあの日から変わりません。

揺らぐし、悲しいけど、考える背景はブレない。

国の政策で、施設はコストが莫大なので、減らしたいと思っている。やまゆり園の事件により、その議論はさらに加速している。

そらが大人になるころにはたぶん入れる施設はないのです。

本当に心中するんだろうな、とも思う。

施設に入れなくなるなら先に入っておけば、困らない。乳児院だからこそ、まだ可能。

(でも児童相談所もなかなか障害児は受け入れないとか。相談は多いらしいですけど、断るんだって。それによって虐待とかそれっぽいことをみせないと入れないとかね。本末転倒)

そういった背景から、決断したい、そう思っているけど、夫はそらを溺愛しているので、それはできないと。私がおうちを出て行って、そらは俺が育てるとまで言っている。

(たぶん言ってるだけ)

となると、きっと成人しても最後までお世話することになるのだろう。

 

それなら開き直って・・・冒頭の楽しく過ごすには・・・という考えに至ったのです。今のところは。

 

 

 

この記事、現在大炎上進行中…。

 

要約すると、(乱暴)

・生後数か月のすぐ泣いちゃう赤ん坊を連れまわすのは親のエゴ

・飛行機とか公共交通機関に乗るのはまだ早い。大きくなってからでいいじゃない

・泣き声迷惑

・赤ちゃんを連れまわして周りに迷惑かけて赤ちゃんも体調崩してベビーハラスメントじゃ!

 

最後のとこね。ハラスメントの類(マタハラ、セクハラ、パワハラ…)って、母が虐げられる、異性が虐げられる、部下が虐げられる、、、、のはずなんだけど、この人、赤ちゃん連れの親子によって迷惑こうむる周りの人=ベビハラと言ってるんですよね。

それも違和感。

むしろ、この人みたいな人がベビハラです。と思ったりしてね。

 

ベビーですらこうだから、難病児とかどうなんだろうか。

 

実は、春に、海外旅行も行きました。加えて、我が家は双方の両親の住まいが遠方なので、そらはもうすでに10回以上は飛行機に乗っています。新幹線にも乗っています。

そらは飛行機でも新幹線でもぐずることはなく、低月齢の時はほとんど寝てて、今はおきているけど、まぁおとなしい。だからいいじゃん!とはいうつもりはないんですけど、どこかで暴れ始めるかもしれないけど、そらはきっと記憶がないけど、そらにたくさんのものをみせてあげたいし、そらとの思い出をたくさん残したい。

 

外に出るということは迷惑をかけるかもしれないけど、私は↑のことを思って大げさだけど出かけてます。そういう人もいるんだとか想像してほしい。

命がもうすぐなくなる人だっているかもしれない。想像力の欠如した人材だらけだね、世の中。

 

確かに、ベビーカーに電車で乗るな、という人も多いの知ってるし、我が物顔で乗ってくるとかよく見るけど、ベビーカーないと生きていけないから乗らせてもらってるし、

なるべく車いす×ベビーカー車両に行くようにしている。

ってもあのスペース寄りかかりやすいからなかなか避けてもらえなくて邪魔度が加速することも大いにあるんだけど…その時に、ここはベビーカーの場所ですよ、と言ってくれるおじさんとかいらっしゃるので非常にありがたいです…。

 

おでかけできなくて、おうちにずっと潜む暮らしだとたぶん死ぬ。

二人で過ごすとやっぱりいろいろ思いつめちゃう。

 

想像力をちゃんと持った人になっていたいです。

 

バンコクでおすすめの料理

卒業旅行に海外へ行くなら、旅費や物価が安く、日本からのフライト時間も短く、観光スポットもたくさんあるタイのバンコクがおすすめです。
バンコクには、歴史や文化を感じられる建物を近くで見ることができたり、タイならではの食べ物を味わったり、タイ古式マッサージを体験したり、卒業旅行を満喫えきること間違いなしです。
バンコクの良いところは、とにかく物価が安いことなので、現地の珍しい料理も安く食べることができます。
バンコクの楽しみとしておすすめなのが「屋台」です。
その中でも、ぜひ食べてほしいバンコクの屋台グルメを紹介します。
タイでもっとも有名な料理と言っても良いのが「カオマンガイ」です。
この料理は、鶏肉を茹でて作ったスープにお米を入れて炊き、そのご飯の上に茹で鶏をのせて、特製ソースをかける伝統料理です。
屋台でも食べられますし、観光客のためのレストラン、また、コンビニでも用意されているくらい、ポピュラーな料理です。
「ジョーク(おかゆ)」は、タイの人たちが大好きな朝ごはんのおかゆです。
お米を砕いてトロトロになるまで煮込み、ネギのみじん切りや細切り生姜、肉団子、卵などを入れて食べます。
タイの人たちは、ジョークを食べて1日のエネルギー源としていますが、旅行者にとっても、旅の疲れを癒してくれる料理に最適です。
朝食として食べるジョークの屋台は、昼過ぎくらいで閉店するところがほとんどなので、早朝に出かけることをおすすめします。
「パッタイ」もタイの屋台でよく見られる定番の料理です。
日本の“焼きそば”に似た料理ですが、麺に米粉でできたビーフンが使われていることが大きな違いです。
具材には、もやしやニラ、肉、ピーナッツなどをたくさん入れます。
また、パッタイに欠かせない具材が「干しエビ」で、味付けの「ヤシの砂糖」と「タマリンド」で独特な風味を効かせています。
海外旅行の楽しみと言えば、その国、その土地の美味しい料理や珍しい料理を食べることだと思います。
仲間と一緒にシェアしながら味わえば、より旅行が楽しくなりますね。

安くて魅力あふれるバンコク

卒業旅行に海外へ行きたいと考えている大学生も多いと思います。
しかし、大学生は社会人に比べてお金がないので、海外旅行でもできるだけ費用を抑えたいでしょう。
そんなお金のない大学生の卒業旅行におすすめなのは、タイのバンコクです。
バンコクは、北アメリカやヨーロッパなどへの旅行と比べて、かなり安く行くことができ、春休みの時期でも、片道2万円以下の航空券もあります。
また、フライト時間も6時間という近さなのに、日本とは全く違う文化を味わうことができるので、海外旅行におすすめの魅力あふれる場所です。
バンコク観光に外せないのが、“寺院巡り”です。
中でもおすすめの寺院は、「ワット・プラケオ」「ワット・アルン」「ワット・ポー」で、この三大寺院はチャオプラヤ川を走る水上バスで巡ることができます。
バンコクで有名な観光スポットを水上バスで楽しみながら回れるなんて、最高の思い出が作れますよ。
三大寺院に行くのに便利なボート乗船場は「サトーン駅」で、高架電車BTSのサパーンタークシン駅の近くにあって、バンコクの中心地からアクセスしやすい場所にあります。
一般的なのは「チャオプラヤー エキスプレス」で、運賃は約100円前後で乗ることができます。
また、タイの人たちが日常生活で利用しているローカル船では、もっと安く乗船することができます。
ワット・プラケオの最寄り駅は「ターチャン駅」で、サトーン駅から約15分程度です。
サトーン駅で行き先を「ワット・プラケオ」か、王宮を意味する「グランドパレス」と窓口で伝えれば、どの水上バスか教えてくれると思います。
ワット・ポーの最寄り駅は「ター・ティアン駅」で、ターチャン駅の1つ前の駅です。
ワット・ポーの対岸には、ワット・アルンがあるので、そこから約10円の渡し船で行けます。