タクシードライバーです。
 

今、リストラされた人が真っ先に検討するのが、
タクシードライバーだと言います。
 

特別な技能がなくても、がんばれば手取りで40万とれる仕事は、
深夜タクシーか長距離ドライバーしかないのだそうです。
 

ところが、この仕事、
あと5年~10年でほとんど無人化します。
 

既に配送ロボットは現実のものとなり、
タクシーもGoogleとUber社の技術で、早い段階で無人化しそうです。
つまり、配送業者の次になくなる仕事は、タクシードライバー。
 

更に、行政書士など書類を作る仕事、
会計処理をするだけの税理士さん、
各社のノルマを達成出来ない営業職
などは、次々職を失う事になるでしょう。
 

国は、そうした危機を前に、大企業には雇用の義務を課します。
今でもありますが、更に厳しいものとなります。
 

そうすると、無用な人材へのコストを抑えようと
企業は本拠地を海外へ移します。
 

日本国の政策は北風と太陽の北風です。
さらにその国自体の借金が、ふくれあがるばかり。
 

そうした現状を見て、誰かがなんとかしてくれるとか、
国が政策を打つだろうとか、
自分だけは大丈夫だろうなんて、思っている人がいたとしたら、
本当に無知すぎると言わざるを得ません。
 

自分の身は自分で守る。
大切な家族の身は自分が守る。
 

そう覚悟しないといけない時代です。
 

そのためにも、今始めれば5年以内に軌道に乗せる事ができ、
特別なスキルもいらず、初期資本も少額で、
そして、がんばれば月100万以上狙えるという起業を、
今すぐする必要があります。
 

体力を酷使するタクシーや運送業から、
頭を使ったり、マインドの力を使う口コミビジネス業へ。
 

RPGでいうと、戦士から魔導士へのジョブチェンジが必要です。
 

そして、考え得る中で一番ハードルが低いものはこれ。
真剣に取り組めば、月100万いけます。
 
⇒ 普通の人が1億円作る為の設計図