ものすごく強い人の傘下で、弱い人に恩恵が降り注ぐしくみが、
近年になって編み出されました。
 

これは本来の、完全成果報酬だけだと著しく貧富の差が生まれてしまうため
やむなく編み出された税金のようなものだと思ってください。
 

今までお話しして来たのは、完全に自分の力だけで行う場合の
シミュレーションでした。
 

もちろん、最低限、毎月1人ずつ、6人のノルマは変わりません。
 

それをしないと、恩恵も得る事はできません。
 

しかし例えば私が、普通の人と同じように、6人だけしか紹介しない、
なんて事はちょっと考えにくいのです。
 

なぜなら、アフィリエイトで毎月1000人に新商品を紹介出来る
媒体力を持っているからです。
 

ちなみに私はこの会社に、1000人の会員を紹介して、
世界で一番早く、最高タイトルを取りました。
 
⇒ 誰も損しない究極のシステム
 

しかし、1000人紹介したからって、
6人紹介した人の167倍の収入になっているか?
というとそうではないのです。
 

私も6人紹介した人と同じだけの収入はもらえますが、
167倍の人を紹介しても報酬は167倍になりません。
 

収入には上限があって、私がもらうはずの残りの収入は、
私の傘下にいる人たちに、分配されているからです。
 

これがバイナリと呼ばれるシステムです。
 

だから、自分の上にいる人が強ければ、
下にいる人は得になります。
 

ネットワークマーケティングでは、上の人ほど得だという認識が強いのですが、
この場合は全く逆で、私が本来の計算上はもらえるはずの報酬のほとんどは、
下の人たちに降り注ぎます。
 

もちろん、がんばった人だけに、です。
 

何もしない人には恩恵は、ただの絵に描いた餅。
そこにあっても、受け取る条件を満たさないので受け取れません。
 

これらのしくみを、原田陽平くんが解説してくれていますので、
もう一回見ておいてください。
 
⇒ 誰も損しない究極のシステム
 

とにかく、今までの概念はすべて間違っている。
と思っていただいた方がいいです。
 

ネットワークビジネスに関しては、
今まさに研究されている最中。
身の回りの友達が言う、素人考えは、一切参考になりません。
 

頭で理解しようとしても難しいので、
とにかく言われた通り、毎月1人6ヶ月、というのを
徹底してみてください。
 

笑いが止まらなくなりますよ。
 

今すぐこちらから登録してビジネスを開始してください。
 
⇒ 誰も損しない究極のシステム