Pocket

卒業旅行に海外へ行くなら、旅費や物価が安く、日本からのフライト時間も短く、観光スポットもたくさんあるタイのバンコクがおすすめです。
バンコクには、歴史や文化を感じられる建物を近くで見ることができたり、タイならではの食べ物を味わったり、タイ古式マッサージを体験したり、卒業旅行を満喫えきること間違いなしです。
バンコクの良いところは、とにかく物価が安いことなので、現地の珍しい料理も安く食べることができます。
バンコクの楽しみとしておすすめなのが「屋台」です。
その中でも、ぜひ食べてほしいバンコクの屋台グルメを紹介します。
タイでもっとも有名な料理と言っても良いのが「カオマンガイ」です。
この料理は、鶏肉を茹でて作ったスープにお米を入れて炊き、そのご飯の上に茹で鶏をのせて、特製ソースをかける伝統料理です。
屋台でも食べられますし、観光客のためのレストラン、また、コンビニでも用意されているくらい、ポピュラーな料理です。
「ジョーク(おかゆ)」は、タイの人たちが大好きな朝ごはんのおかゆです。
お米を砕いてトロトロになるまで煮込み、ネギのみじん切りや細切り生姜、肉団子、卵などを入れて食べます。
タイの人たちは、ジョークを食べて1日のエネルギー源としていますが、旅行者にとっても、旅の疲れを癒してくれる料理に最適です。
朝食として食べるジョークの屋台は、昼過ぎくらいで閉店するところがほとんどなので、早朝に出かけることをおすすめします。
「パッタイ」もタイの屋台でよく見られる定番の料理です。
日本の“焼きそば”に似た料理ですが、麺に米粉でできたビーフンが使われていることが大きな違いです。
具材には、もやしやニラ、肉、ピーナッツなどをたくさん入れます。
また、パッタイに欠かせない具材が「干しエビ」で、味付けの「ヤシの砂糖」と「タマリンド」で独特な風味を効かせています。
海外旅行の楽しみと言えば、その国、その土地の美味しい料理や珍しい料理を食べることだと思います。
仲間と一緒にシェアしながら味わえば、より旅行が楽しくなりますね。