ポルトガルは、ヨーロッパ諸国の中でも物価が安く、卒業旅行へ海外に行きたいけど、それほど費用をかけられないという方におすすめの国です。
それに、ポルトガルの首都リスボンの街並みはとにかく美しく、まさに“絵本の世界”に飛び込んだような気分になります。
ここでは、海外旅行でポルトガルに行く際に、ぜひ体験してほしいことを紹介します。
ポルトガルを旅していると、あちこちで美しいタイルを目にします。
このタイルは「アズレージョ」と呼ばれ、宮殿や教会、鉄道駅、一般家庭の家など、さまざまな場所の壁や天井、床などに使われています。
多くのアズレージョには、ポルトガルの歴史や文化に関する記録が残されていますが、装飾として使用されるだけでなく、一般家庭では室温を管理するためなどの効果もあります。
見事なアズレージョが観られる名所に行くのも良いですが、お土産として販売しているお店も多く、ポルトガル旅行の思い出におすすめです。
コースターや鍋敷きとして使えるアズレージョもありますし、記念日などの文字を入れてくれるお店もあります。
さらに、アズレージョの絵付け体験ができる工房もあるので、卒業旅行の記念に、世界にひとつだけのアズレージョを作りに、ぜひ挑戦してみてください。
ポルトガルに行ったら食べて欲しいのは「エッグタルト」です。
カスタードクリームの入った小さなタルトで、ポルトガルでは「パステル・デ・ナタ」または「パステル・デ・ベレン」と呼ばれており、カフェやお菓子屋さんで売られています。
リスボンのベレン地区にある「ジュロニモス修道院」の修道女たちが作ったとされており、現在でも、ジュロニモス修道院の近くにはパステル・デ・ナタを食べられる老舗のお店があります。