日本が春休みの2月や3月の時期は、まだ寒い日が続くので、海外旅行に行くなら、暖かくて手軽に行ける台湾へ行こう、と考えている人も多いでしょう。
特に、大学生は春休みが長いので、それを利用して卒業旅行などに海外へ出かける人も多いと思います。
台湾は、日本から近い国ですし、素敵な観光スポットもたくさんあって、食べ物も大変美味しいということで、学生旅行や卒業旅行におすすめです。
台湾は、日本よりも南にあるので、「春休みの時期は暖かいのでは?」と思う人も多いでしょう。
では、2月や3月の台湾の気温はどれくらいで、どんな服装が適しているのでしょう。
台湾の2月は冬の時期ですが、日本に比べて、それほど寒くありません。
そのため、2月に旅行する場合は、厚手のコートは必要なく、薄手のダウンジャケットやジャンパーを用意しておけば問題ないです。
また、2月下旬になれば、ダウンジャケットは暑いくらいになるので、長袖のシャツだけでも過ごせるようになります。
しかし、まだまだ寒い日もあるので、カーディガンやマフラー、ストールがあると便利です。
日本では、3月でも寒い日がありますが、台湾は、だいぶ暖かくなってきて、3月下旬にはぽかぽか陽気になります。
服装としては、3月中旬以降に台湾へ行く場合は、アウターはほぼ必要ないでしょう。
ただし、台湾の3月は、気温の変化が激しく、アウターがいらないくらい暖かい日が続いていても、急に気温が下がって寒く感じる日もあるため、薄手の上着は用意しておくことをおすすめします。
でも、3月下旬になれば、20度以上になる日も多くなり、気温も安定するので、半袖のTシャツだけでも過ごせるようになります。
2月~3月の台湾の降雨については、台湾北部では雨が降ることがありますが、南部に行くにつれて降雨の確立が低くなります。
また、雨が降ったとしても、大雨になることはほとんどなく、小雨程度のことが多いです。
それでも、海外旅行に出かける際は、どこの国に行くにしても、防水機能のあるアウターや靴があると安心です。