世界遺産 いってらっしゃい。おかえりなさい。

昨年、北京に行きました。

1人旅、個人旅行です。

ですので、自由に行きたいところに行き、時間に縛られることなく観光しました。

滞在中、万里の長城に行きました。

その日、万里の長城付近の天気は快晴で空は高く真っ青でした。

日本のそこらへんの山程度の高さだと思っていたら、かなり標高が高く、山々が連なっている山脈になっていました。

石畳みを登りつつ、神様がいるかどうか見ましたが、登っているその山には神様はいませんでした。

別の山にはいたのかもしれませんが、遠いと交信が出来ないので、探るのは無理でした。

はるか彼方の山々を見渡すと、龍が二匹、泳いでいるのが見えました。

黄色の龍と緋色の龍です。

黄色の方はとても輝いていて金色? という感じでした。

二匹はかなり遠くを泳いでいたので、これも交信は無理でした。

万里の長城を見た後、近くにある明の十三陵という世界遺産に行き、展示物を見ていたら、日本人団体客がいました。

日本語が堪能な中国人ガイドだったので、その遺跡についてちょっとだけ質問をしました。

すると 「ここから少し行ったところに ”神道” という場所がある、そこはなかなかいい所だから、行った方がいいよ」 と突然、私に言うのです。

勧められたのも何かの縁だろうと考えた私は、その 「神道」 に行ってみることにしました。

そこは、遺跡や建物があるわけではなく、ハッキリ言って、ただの 「道」 でした。

道、といってもだだっ広い山のすそ野にあり、周囲は平原という感じです。

その道幅は大変広く、入口から出口までの距離もあります。

道の両側には、古代の偉人や武人 (多分) の彫像が間隔をあけて置いてありました。

長い長いその道を歩いていると、何か不思議なパワーを感じました。

もしかしたら、天に通じる場所なのかもしれないと思い、試しにあの二匹の龍を呼んでみよう! と思いました。

二匹の龍に念を送ると、なんと! 驚くことに、すぐ泳いで来たのです。

二匹はしばらく私の真上を泳いでいました。

よく見ると、緋色の方はウロコの一枚一枚が赤なのだけれど、フチが赤ムラサキで、アコヤガイの内側のようにキラキラしています。

すごくキレイです。

うわぁ! 龍だー! と興奮しました。

二匹は顔を揃えて、日本という国から来た異国人の私をじっと見つめていましたが、黄色の方が飽きたのか 「もう行こ」 と言いました。

すると、緋色の方が 「待って、もうちょっと」 と私を見ています。

緋色の方が好奇心が強いようでした。

私はいろいろな話を一方的にした後、 「せっかく知り合えたんだから、友達になろうよ」 と言ってみました。

すると二匹が真っ正面に回り込んできて、顔を並べてこっちを見つつ、 「友達って何?」 「友達って何?」 と順番に聞いてきました。

へー、龍は  ”友達” って言葉を知らないのかぁ、と新鮮な驚きを感じつつ、説明しました。

説明し終えると二匹は 「ふーん」 と言ってましたが、そこで神道の出口に来てしまったので、二匹は何となく薄くなって、そのままフェイドアウトしてしまいました。

そこからはもう交信出来ませんでした。

あの道は見えない世界と交信が出来る場所だったんだと思います。

もしも、次回があるとしたら・・・なさそうですけど・・・  (^_^;)

次は中国の神様の誰かと交信してみたいと思いました。
ポチっとしてもらえると、嬉しいです。 (*^_^*)

世界遺産の口コミ情報を紹介、マル秘情報とも思える記事も提供しています