楽天が提供する世界遺産の情報です

マザーズコーチングスクール認定コーチMOKO(うちむら ともこ)です。 初めての方はこちらもどうぞ
MOKOストーリー 
今日はパリツアー初日のストーリーです。

これまでのお話はこちらから↓  ↓  ↓その① 不安に押しつぶされそうになった出発初日そと② パリセミナーを企画し、わざわざ日本から参加した理由

飛行機の着陸直前に再浮上!!という冷や汗たらりなハプニングがありつつも、無事パリに到着した後は、

安いシャトルバスではなく、あえてのタクシーでホテルへ向かうことにしました!
ドキドキしながら市内へ向かうの巻
初日のホテルはLa maison Favart
パリセミナーの運営スタッフであり、パリ在住 18年のメレ安芸さんオススメのホテルです!!日本語サイトもあります
場所はオペラ座近くの静かで落ち着いたプチホテル♡
ホテルの中は18世紀のパリラデュレの世界そのものでした!

めぐみさんと
ベルリン在住ミニマリストのさとう夕子さんは、
午前中にパリ入りして、
ノートルダム大聖堂と

ルーブル美術館私は今回行く時間がなかったので、タクシーの中からパシャリ

に行っていたので、私はホテルでしばし待機。
6時過ぎでもまだまだお日様は高く、気温も25度以上あったので、
近所をお散歩しようかなぁとも思ったのですが、
なんと言っても3泊5日のそこそこハードスケジュール。

 本番はこれからですし、初日から飛ばすのもと思い直し、めぐみさんと夕子さんの帰りをホテルで待つことにしました

ホテルの窓からパシャリ左前の建物は小劇場らしい。オサレ!!
ユネスコ世界遺産に登録されているノートルダム大聖堂は、緻密な彫刻が織りなされた外観はもちろんのこと、

内部もステンドグラスや壁面のレリーフなどみどころいっぱい!!

なのに、

じっくり見たら1日あっても見たりない!!と言われるルーブル美術館へ行き、
モナリザ、サモトラケのニケ、ラファエロの聖母子像などをきちんと押さえ、

両方を3時間半で回っちゃうあたりやっぱりエネルギッシュ!!
ちなみにテンション上がり、写真を撮りまくっためぐみさん、
なんとモナリザの直前でカメラのバッテリー切れてしまったそう
でもでも、驚くのは序の口でした。

パリ在住のメレ安芸さんも合流してのディナーでめぐみさんの「ずば抜けた視点の高さ!!」を知ることになったんです!!
つづく
 体験セッションご希望の方は
MOKOのLINE@から↓↓↓ またはID「@kfs4331q」で検索して「セッション希望」とメッセージくださいね♪  ★エネルギーアッププログラム★ すでに250名以上が参加!!
   あなたの人生「情熱の源」を見つけイノベーションを起こす100日プログラム
    詳細・お申込みはこちらから ★ご提供中のコーチングメニュー★マザーズコーチングスクール
   非効率な子育てを120%楽しむコミュニケーションの方法を学んでみませんか?
   詳細・お申込みはこちらから

トラストコーチングスクール
  コーチングを体感しながら、自己信頼感を高め、新しい可能性を引き出しませんか?
  詳細・お申込みはこちらから

初回限定体験セッション
   子供やパートナーへのイライラ、仕事の悩み、モヤモヤを話してみませんか?
  詳細・お申込みはこちらから 
MOKOストーリー#0 私って変わってるんです
#1 褒められて褒められて褒められまくった幼少期 
人気記事1日の終わりに子供と遊ぶ○○は残っていますか?
旦那さんのこと信頼できていますか?
優秀な長女&優等生タイプにさよならしませんか?
無意識のうちにきちんとやろうとするクセはありませんか?
やらなきゃいけないと思っているそれ、本当に必要ですか? 

確かに、世界遺産。

日本はGWスタートですね!!充実した連休をお過ごしくださいね。 さて、およそ1か月前になりますが、イースターの連休に念願のアルザス地方へ行ってきました。アルザス地方はフランスの北東部に位置する地域。ワインや食事が美味しく、美しい街並みも有名です。仲良しファミリーと、当初は9月に計画をしていたのですが・・・・延期、延期・・・となり、やっと実現。仲良しファミリーの長女と我が家の長女、彼らの長男と我が家の長男は同い年で仲良しでもあるので、子供たちも出発前から大興奮!!次女だけが「いつも私は一人・・・」と文句を言っていましたが、「やだ〜〜ママがいるじゃない!!」というとニコニコに!!金曜日の夕方、学校が終わると大急ぎで東駅へ!! 電車の中。友人が次女にお話を読んでくれています。

 TGV(フランス新幹線)、この時は時速315キロ。早い!!!
車内に時々、時速が表示されます。目指すはストラスブール。パリ 東駅からおよそ2時間弱。 ストラスブールの駅で9人乗りの車をレンタカーして移動。 この夜の食事はアルザスと言えば“シュークルート”。シュークルートの有名なお店に行きました。もう時間は夜の9時過ぎなのに・・・店内はまだガラガラでした。9時半過ぎから満席に。食事のスタート、フランスは遅いですよね。

 私がオーダーしたシュークルート。
勿論、パリでいただいたことはありますが、本場は初めて!!
ボリュームもすごいですが、リースリングと一緒にいただくと本当に美味で・・・どんどん食べられてしまう。完食は残念ながらできませんでしたが。シュークルートとは発酵キャベツとソーセージやベーコン、豚のすね肉を煮て、じゃがいもを添えたもの。一般的にはシュークルートのキャベツは白ワインで調理されるのですが、このお店はティザンヌ(ハーブティー)で調理しているのだとか。 夜は暗くて撮影できなかったので、翌朝、お店の外観、撮りました。
お店の名前は“Maison des Tanneurs”.お店の方々もとっても親切で、旅のスタートの食事で気持ちも温かくなりました。 こちらはストラスブール大聖堂。
大聖堂前の広場は多くの観光客ですごい人!! 子供たち5人と大聖堂。

フランスの世界遺産である大聖堂は1176年からおよそ250年かけ建築されたもの。大聖堂内部のステンドグラスは美しく、ず〜〜〜っと上を見上げていました。また天文時計があったり・・・もっとちゃんと勉強してから訪れたかったなあと反省。 旧市街地も散策。
ストラスブールはドイツとフランスで何度か国籍が変わっていることもあり、ドイツ語も多く表示されています。こうしてドイツでよく見かける木骨組の家が多く見られました。 と〜〜っても寒く、私たちの滞在日程の予報は雨・・・。でもにぎやかに楽しい旅がスタート!!車で移動しながらあちらこちらの街を訪れたのですが、まるでヘンゼルとグレーテルの本の中に迷い込んだような街並みもあり・・・また次回にご報告しますね!! 皆様、充実した1週間をお過ごしくださいね。