Pocket

世界遺産・法隆寺の金堂でおみぬぐい



聖徳太子ゆかりの世界遺産・法隆寺(奈良県斑鳩町)で8日、「お身拭(ぬぐ)い」が行われ、僧侶らが仏像などに積もったほこりを払った=。
 世界遺産に登録された翌年の平成6年から続く師走の恒例行事。釈迦三尊像(国宝)などが安置される金堂で、大野玄妙管長ら僧侶9人が読経した。
 参拝客が見守るなか、マスクを着けた僧侶らがはたきやはけを使って作業を進めた。隅々まで丁寧にほこりを落とし、一足早く迎春準備を整えた。・・・続きはこちら⇒世界遺産・法隆寺の金堂でおみぬぐい


世界遺産より道主義だ。

世界遺産が許されるのは20世紀までだよね?

 

会社経営に風水と奇門遁甲、運命学をプラスして運の確率を上げていく!
   こんにちは 運と風水のコンサルタント グレースです。   ●世界遺産にも家相風水が使われていた! 

「フライングスター風水カレンダー」のご予約承っております。お申込みはこちら  壁かけカレンダーは完売いたしました。
卓上カレンダーも残りが少なくなってきましたので、気になる方はお早めにご注文くださいね。
   家を建てたり、引越ししたり、住まいの変化と同時に、日本でも風水や家相を気にする人は多くなりましたが
世界遺産でも建物の相を重要視してきたことを垣間見ることができます。
相とは見た目、目に見えるものを指します。
とくに大陸の中でも、●●の影響が強い国では特有の風水が存在しています。
この国の風水では絶対に西の方位には玄関を作らないそうです。
「西日があたるから」という理由ではありませんよ。
逆に●の方位に玄関を作ることは幸せ、繁栄、成功の方位なので
●の方位が家の裏側になってもその方位に玄関を作るそうです。
このように風水は国や地域によって異なる場面もありますが
世界スタンダードな風水、フライングスター風水では
宅向により●の方位にはどの星が巡るかによって、家の運勢は異なります。
あなたの家の●の方位には、どの星が巡っているのでしょうか?
水星8か9が巡っていれば来年、あなたの家は金運が上昇しますよ!
世界遺産の風水については、風水講座に参加されたかたが集まる勉強会でもお話ししたいと思います。
残席わずかなセミナーもございますので、気になるかたや興味があるかた、参加してみたいかた、運気を上げたい方は今すぐお申込くださいね。
     ・毎回人気のセミナーです。奇門遁甲の方位術解説付き♪2019年新春エグゼクティブ開運セミナー受付開始しました!   ・リクエストにつき再開催決定!2月2日(土) 10:00~17:00 京都2月3日(日) 10:00~17:00 東京伝統九星気学講座   最後までお読みくださりありがとうございました。  ■ご案内 無料メルマガ 最新の風水情報や諸葛亮孔明も使用した 秘伝の方位取り奇門遁甲をお知らせ ・フライングスター風水鑑定士養成講座 九星気学鑑定士のためのフライングスター風水鑑定士養成講座2日間

・四柱推命鑑定士養成講座

・2018年開運風水お茶会

・エグゼクティブ開運セミナー  

世界遺産じゃないから恥ずかしくないもん!

                                                                                            中欧ヨーロッパ再編集                                             世界遺産・歴史地区                     チェコ・チェスキー・クルムロフ(4)                            世界遺産・歴史地区観光(1)                                                                            聖ヴィート教会の門                                      公園前、ホテル・ルージュ(宿泊)隣接の教会へ                                        壁面はレンガではなく陰影をつけた立体的画法の絵です                         教会へのアプローチと歴史を感じる石畳                                 教会壁面の彫刻                                  聖ヴィート教会入口                          内部の撮影は禁止でした                                                建物に近すぎて全景は撮れません                 中世の雰囲気を残す美しい教会の姿は後日ご覧ください                                                         マリア記念柱                           旧市街スヴォルネテス広場                 聖ヴィート教会を道なりに下った突き当りが広場                       朝の四角い広場のカフェテリアは準備中                                 警察署とパトカー                    左の二人は添乗員さんとガイドさんの説明                         警察署の欧州連合加盟国の旗等                     ランチは広場の一角のレストランでした                                            後日出てきます                                       市庁舎                           丸い模様は支配者の紋章                            市庁舎を右へ曲がるとお城へ                           昨夜の夜景にも出てきた場所です                                    ヴルタヴァ川の橋                     橋のたもとを左へ進むとビューポイントです                                   ビューポイント                         チェスキークルムロフ城と塔                              その続きのお城の全景      ビューポイントで~す     ビューポイントの橋のたもとより望む     橋の中心の十字架と可愛い教会の塔が印象的    トロンブルイという  遠近法によって錯覚を      起こさせる(だまし絵)は  これからも出てきます        次回も世界遺産・歴史地区の観光です                              いつもご覧いただき有難うございます                             


人気商品