Pocket

ポーランドの世界遺産「クラクフ歴史地区」聖マリア教会のラッパ Historic Centre of Kraków



ポーランドの世界遺産「クラクフ歴史地区」中央市場広場の聖マリア教会のラッパ。Trumpet of Sent Mary’s Basilica in Historic Centre of Kraków by Canon EOS Kiss M(M50)・・・続きはこちら⇒ポーランドの世界遺産「クラクフ歴史地区」聖マリア教会のラッパ Historic Centre of Kraków


何故Googleは世界遺産を採用したか

世界遺産でしか味わえない感動がある

 

会社経営に風水と奇門遁甲、運命学をプラスして運の確率を上げていく!
   こんにちは 運と風水のコンサルタント グレースです。   ●世界遺産にも家相風水が使われていた! 

「フライングスター風水カレンダー」のご予約承っております。お申込みはこちら  壁かけカレンダーは完売いたしました。
卓上カレンダーも残りが少なくなってきましたので、気になる方はお早めにご注文くださいね。
   家を建てたり、引越ししたり、住まいの変化と同時に、日本でも風水や家相を気にする人は多くなりましたが
世界遺産でも建物の相を重要視してきたことを垣間見ることができます。
相とは見た目、目に見えるものを指します。
とくに大陸の中でも、●●の影響が強い国では特有の風水が存在しています。
この国の風水では絶対に西の方位には玄関を作らないそうです。
「西日があたるから」という理由ではありませんよ。
逆に●の方位に玄関を作ることは幸せ、繁栄、成功の方位なので
●の方位が家の裏側になってもその方位に玄関を作るそうです。
このように風水は国や地域によって異なる場面もありますが
世界スタンダードな風水、フライングスター風水では
宅向により●の方位にはどの星が巡るかによって、家の運勢は異なります。
あなたの家の●の方位には、どの星が巡っているのでしょうか?
水星8か9が巡っていれば来年、あなたの家は金運が上昇しますよ!
世界遺産の風水については、風水講座に参加されたかたが集まる勉強会でもお話ししたいと思います。
残席わずかなセミナーもございますので、気になるかたや興味があるかた、参加してみたいかた、運気を上げたい方は今すぐお申込くださいね。
     ・毎回人気のセミナーです。奇門遁甲の方位術解説付き♪2019年新春エグゼクティブ開運セミナー受付開始しました!   ・リクエストにつき再開催決定!2月2日(土) 10:00~17:00 京都2月3日(日) 10:00~17:00 東京伝統九星気学講座   最後までお読みくださりありがとうございました。  ■ご案内 無料メルマガ 最新の風水情報や諸葛亮孔明も使用した 秘伝の方位取り奇門遁甲をお知らせ ・フライングスター風水鑑定士養成講座 九星気学鑑定士のためのフライングスター風水鑑定士養成講座2日間

・四柱推命鑑定士養成講座

・2018年開運風水お茶会

・エグゼクティブ開運セミナー  

世界遺産のマル秘情報

東福寺 に入ります。
東福寺は、京都市東山区本町十五丁目にある臨済宗東福寺派大本山の寺院。 山号を慧日山(えにちさん)と号する。本尊は釈迦如来、開基(創 立者)は、九条道家、開山(初代住職)は円爾である。 京都五山の第四位の禅寺として中世、近世を通じて栄えた。  明治の廃仏毀釈で規模が縮小されたとはいえ、今なお25か寺の 塔頭(山内寺院)を有する大寺院である。  
   
  
  
  
  
  
 世界遺産のにほんブログ村に参加しています。  よろしければ、応援よろしくお願いします。  にほんブログ村    


人気商品