タグ:ポルトガルの記事一覧

世界最大の格安旅行会社

ドリームトリップスは、世界の超一流ホテルに最安値で宿泊できる旅行会社です。

タグ:ポルトガル

ポルトガル旅行の注意点

ポルトガルに卒業旅行で行く学生さんは少ないですが、美しい街並みや歴史的建造物など、見どころのたくさんある国なのです。
しかも、比較的、物価が安く治安も悪くないので、海外旅行が初めてという学生さんにもおすすめです。
ただし、ポルトガルはヨーロッパ各国の中でも安全な国と言われていますが、どんなに治安の良い国でも、犯罪に巻き込まれる確率はゼロではありません。
そのため、海外旅行をする際は、さまざまな点に気を付けないといけません。
ポルトガルでよくある被害としては、財布やパスポートの盗難です。
100ユーロは日本円で約15,000円くらいなので、日本人の感覚だとそれほど大金だと感じませんが、物価の安いポルトガルではかなり大きい額と捉えられます。
そのため、常に、お金の管理には注意する必要があります。
しかし、旅行中ずっとビクビクしていては、せっかくの卒業旅行が台無しになってしまうので、ホテルに滞在する場合は、ホテルに備え付けてある貸し金庫に貴重品を保管しておくことをおすすめします。
そして、外出する時は、あまり現金を持ち歩かないようにしましょう。
「日本人はスリに遭いやすい」と言われますが、実際のところ、ポルトガル人が日本人を見分けることは難しいでしょう。
ところが、日本人が普段持っていたり身に付けていたりする、スマートフォンや時計、靴などから、ひと目で高額なものを持参している観光客だとわかってしまうのです。
スリを行う者は、それらを見て対象者を決めることもあるようです。
したがって、海外旅行となるとおしゃれをして出かけたくなりますが、できるだけカジュアルな服装にして、あまり着飾らないようにしましょう。
また、ポルトガルではディナーの時間が遅く、レストランも20時頃にオープンすることもあります。
そのため、外食でディナーを楽しむ場合は、夜遅い時間に外出することになります。
夜間には、都市部にあるレストラン街では、マリファナの売人に声をかけられることがあります。
その時に、少しでも考えている表情をしたり目を合わせたりすると、脈があると思われるので、「ノー!」と強く断ってください。
そのように断固として断れば、しつこくまとわりつかれることはないでしょう。
このような注意点を聞くと、「ポルトガルは恐ろしいところなのでは?」と思ってしまいますが、ポルトガルを旅行した人たちは、「ポルトガルの人たちはとても優しかった」という意見がかなり多いです。
ただ、日本人の感覚の違いや文化の違いなどにより、トラブルに巻き込まれることもあるので、自分の身は自分で守って、最高の海外旅行にしてください。

ポルトガルで体験してほしいこと

ポルトガルは、ヨーロッパ諸国の中でも物価が安く、卒業旅行へ海外に行きたいけど、それほど費用をかけられないという方におすすめの国です。
それに、ポルトガルの首都リスボンの街並みはとにかく美しく、まさに“絵本の世界”に飛び込んだような気分になります。
ここでは、海外旅行でポルトガルに行く際に、ぜひ体験してほしいことを紹介します。
ポルトガルを旅していると、あちこちで美しいタイルを目にします。
このタイルは「アズレージョ」と呼ばれ、宮殿や教会、鉄道駅、一般家庭の家など、さまざまな場所の壁や天井、床などに使われています。
多くのアズレージョには、ポルトガルの歴史や文化に関する記録が残されていますが、装飾として使用されるだけでなく、一般家庭では室温を管理するためなどの効果もあります。
見事なアズレージョが観られる名所に行くのも良いですが、お土産として販売しているお店も多く、ポルトガル旅行の思い出におすすめです。
コースターや鍋敷きとして使えるアズレージョもありますし、記念日などの文字を入れてくれるお店もあります。
さらに、アズレージョの絵付け体験ができる工房もあるので、卒業旅行の記念に、世界にひとつだけのアズレージョを作りに、ぜひ挑戦してみてください。
ポルトガルに行ったら食べて欲しいのは「エッグタルト」です。
カスタードクリームの入った小さなタルトで、ポルトガルでは「パステル・デ・ナタ」または「パステル・デ・ベレン」と呼ばれており、カフェやお菓子屋さんで売られています。
リスボンのベレン地区にある「ジュロニモス修道院」の修道女たちが作ったとされており、現在でも、ジュロニモス修道院の近くにはパステル・デ・ナタを食べられる老舗のお店があります。

ヨーロッパの“穴場”ポルトガルの魅力

卒業旅行に海外へ行こうと思っても、ポルトガルを選ぶ学生さんはあまりいないでしょう。
ポルトガルというと、日本からかなり遠く、英語はあまり通じませんし、アジア人の旅行者も少ない国なので、卒業旅行にポルトガルを選ばないのでしょう。
それでも、ポルトガルは素晴らしい魅力が詰まった国なので、卒業旅行の渡航先におすすめします。
なぜ、それほどポルトガルがおすすめなのかというと、首都のリスボンやポルトの街並みが、絵本の世界のようで非常に美しいからです。
それでは、ポルトガルへ行ったらぜひ訪れて欲しい観光スポットを紹介します。
首都リスボンで最初に紹介したいのは、「サン・ジョルジェ城」でしょう。
サン・ジョルジェ城は高い丘の上にそびえたち、リスボンの美しい街を高台から眺めることができます。
趣のある数本の立派な塔と城壁が残る外観を見て楽しむのも良いですが、城内に入って見学することもでき、古い大砲などリスボンの歴史を感じることができます。
サン・ジョルジェ城へは、街の中心部のバイシャ地区のロッシオ広場から出るバスを利用すればとても便利ですが、歩いて30分くらいかけてリスボンの風情あふれる街並みを楽しみながら向かうのも良いですよ。
また、リスボンの街中には、ケーブルカーも走っています。
リスボンは高低差のある場所が多いので、地元の人たちも普段からケーブルカーを交通手段として利用しています。
観光客にも街中を散策するのに便利ということで人気があるので、出発本数も多く利用しやすくなっています。
卒業旅行に海外へ行くとなると費用が問題で、渡航先がヨーロッパだと特に高額になるイメージだと思います。
でも、ポルトガルは、ヨーロッパの中でも物価が安い国なので、比較的、費用を抑えて旅行を楽しむことができるのも魅力の1つです。