タグ:卒業旅行の記事一覧

世界遺産と海外旅行

世界遺産と海外旅行

タグ:卒業旅行

春休みの台湾の気候と服装

日本が春休みの2月や3月の時期は、まだ寒い日が続くので、海外旅行に行くなら、暖かくて手軽に行ける台湾へ行こう、と考えている人も多いでしょう。
特に、大学生は春休みが長いので、それを利用して卒業旅行などに海外へ出かける人も多いと思います。
台湾は、日本から近い国ですし、素敵な観光スポットもたくさんあって、食べ物も大変美味しいということで、学生旅行や卒業旅行におすすめです。
台湾は、日本よりも南にあるので、「春休みの時期は暖かいのでは?」と思う人も多いでしょう。
では、2月や3月の台湾の気温はどれくらいで、どんな服装が適しているのでしょう。
台湾の2月は冬の時期ですが、日本に比べて、それほど寒くありません。
そのため、2月に旅行する場合は、厚手のコートは必要なく、薄手のダウンジャケットやジャンパーを用意しておけば問題ないです。
また、2月下旬になれば、ダウンジャケットは暑いくらいになるので、長袖のシャツだけでも過ごせるようになります。
しかし、まだまだ寒い日もあるので、カーディガンやマフラー、ストールがあると便利です。
日本では、3月でも寒い日がありますが、台湾は、だいぶ暖かくなってきて、3月下旬にはぽかぽか陽気になります。
服装としては、3月中旬以降に台湾へ行く場合は、アウターはほぼ必要ないでしょう。
ただし、台湾の3月は、気温の変化が激しく、アウターがいらないくらい暖かい日が続いていても、急に気温が下がって寒く感じる日もあるため、薄手の上着は用意しておくことをおすすめします。
でも、3月下旬になれば、20度以上になる日も多くなり、気温も安定するので、半袖のTシャツだけでも過ごせるようになります。
2月~3月の台湾の降雨については、台湾北部では雨が降ることがありますが、南部に行くにつれて降雨の確立が低くなります。
また、雨が降ったとしても、大雨になることはほとんどなく、小雨程度のことが多いです。
それでも、海外旅行に出かける際は、どこの国に行くにしても、防水機能のあるアウターや靴があると安心です。

台湾旅行におすすめのイベント「平渓天燈節」

卒業旅行のシーズンは2月~3月ですが、海外へ行こうと考えているのなら、日本から気軽に行ける台湾がおすすめです。
また、この時期に台湾へ行くのなら、旧暦1月15日に毎年開催される「平渓天燈節」に行けるように、タイミングを合わせてみませんか?
平渓天燈節は、台北から約1時間のところにある「平渓郷」で開催される、ランタンを夜空に一斉に飛ばすイベントです。
ランタンにはその年の願い事を書き、それを空に放つことで成就すると信じられており、その幻想的な光景を鑑賞するだけでなく、参加することもできます。
平渓天燈節でランタンの打ち上げを体験する場合は、その時間にいきなり行っても参加することはできません。
参加するには、お昼までに会場に行って整理券をもらい、参加の登録をする必要があるので、事前に十分に確認してください。
参加登録してから打ち上げまでは少し時間があるので、台北郊外の観光名所を訪れるのにちょうど良いです。
おすすめなのが、台湾のナイアガラと呼ばれるカーテン型の滝「十分瀑布」、鉄観音茶の産地として知られロープウェイで空の旅を楽しめる「猫空」など、台湾の魅力を感じられる場所がいくつかあります。
ランタンの打ち上げ準備に間に合うように、イベント会場に戻りましょう。
このイベントには、日本人も多く参加しており、台湾の人たちは日本人にとても優しくしてくれるので、海外旅行が初めてでも安心です。
ランタンは、気球と同じ仕組みで飛ばします。
夜空に光輝きながら舞い上がるランタンは、とても美しく幻想的です。
ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」を観たことがある人なら、まさに“あのシーン”の世界に入ったような感覚になるでしょう。
卒業旅行で平渓天燈節に行ってランタンを自分の手で放ちたい、という場合には、個人旅行よりもツアーの方がおすすめです。
ツアーなら、整理券を入手するために並ぶ必要がなかったり、空いた時間の観光がスムーズにできたりするので、時間を有効活用することができます。

低予算で楽しめる台湾旅行

「卒業旅行で海外の観光スポットもいいけど、グルメをおもいっきり楽しみたい」という学生さんにおすすめなのは、台湾旅行です。
台湾は、成田空港から約4時間で行けますし旅費も安いので、卒業旅行で人気の渡航先になっています。
しかも、日本からの旅行者が非常に多いので、日本語を話せる人や、街中には日本語表記も見かけるので、初めて海外旅行へ行く人も安心して楽しめる国です。
そんな海外旅行初心者や、美味しいものを堪能したい人におすすめの台湾の魅力を紹介します。
台湾旅行で絶対に訪れて欲しいのが、「九ふん」という街の一角です。
ここは、あの有名なジブリ作品「千と千尋の神隠し」のモデルとされる街で、映画が公開されてから、一躍知名度が高まり、連日、たくさんの観光客が集まっています。
映画の世界そのままの神秘的な光景が広がり、ジブリファンなら必見です。
また、ジブリ作品を知らない人でも、この街は、日本統治時代の面影が残り、古き良き時代のノスタルジックな雰囲気に、懐かしさと居心地の良さを感じるでしょう。
最もおすすめなのは夕暮れ時で、細い路地や石段が続く坂道には、赤い提灯が数多く下げられており、日暮れ後にはその提灯に明かりが灯されるのです。
さらに、その幻想的な美しい光景の中で、美味しい台湾グルメを堪能することもできます。
中でも、九ふんで名物となっているのが「芋圓」という、タロイモ(サトイモ)を使った日本のぜんざいのようなデザートです。
また、九ふんで芋圓を食べるなら、メインストリートにある人気店「賴阿婆芋圓」(ライアーボーユーイエン)がおすすめです。
芋圓にも、さまざまな種類があって、日本語の説明もされているようです。
価格は全て約180円弱という安さなので、仲間といろんな種類を食べ比べてみるのも楽しいです。
九ふんで、もう1軒おすすめしたいのが、「芋仔蕃薯」(ユィザイファンシュー)というレストランです。
このレストランは、洞窟の入口のような狭い岩屋のトンネルを通って行きます。
一見、トンネルに入るのに勇気がいりますが、そこを抜ければ、昔ながらの懐かしい雰囲気のレストランが現れます。
ここで食べられる料理は、サツマイモを使ったトンカツ、切り干し大根入りのオムレツ、魚のつみれスープ、豚肉の醤油煮込みなど、ホッとする優しい味のメニューを低価格で堪能できます。

イタリアのホテルの選び方

海外旅行へ行く際に失敗したくないのが、ホテル選びだと思います。
学生さんの卒業旅行だと、「観光がメインだから、ホテルは寝るだけで良い」「ホテルにそれほどお金をかけたくない」と考えるかもしれません。
しかし、せっかく仲間との海外旅行だから、居心地の良いホテルに宿泊することをおすすめします。
ホテルなどの宿泊施設は、国によって特徴や種類が異なることがありますが、ここでは、卒業旅行に人気のイタリアのホテルについて紹介します。
ホテル選びで大切なことは、自分たちがホテルに何を求めているかです。
「立地が良くて安いホテルが良いから、設備はこだわらない」「設備が整っていて便利な場所が良いから、多少高くても良い」など、立地や価格、設備などで、重視したいところを考えておきましょう。
条件が整ったら、当てはまるホテルをいくつか候補に挙げて、口コミサイトなどで実際に行った人の意見を確認することをおすすめします。
イタリアのホテルは、大きく分けて4種類あり、多くの旅行者が宿泊する「ホテル」以外にも、朝食付きの小規模な宿泊施設の「B&B」、家具やキッチンのある貸し部屋の「アパートメント(レジデンス)」、他の旅行者と共同生活を送る「ユースホテル」があります。
宿泊にお金をかけたくない場合は、施設によってはかなり費用を抑えられるので、サービスや条件を十分に確認して選びましょう。
設備の整った、居心地の良いホテルを希望している場合は、ホテルの“星の数”を基準にして選ぶと思います。
ところが、イタリアの場合、ホテルのランク付けがいい加減と言われています。
そのため、星の数だけでホテルを判断せずに、設備やサービス、朝食の内容など、調べられることは十分に調べて決めましょう。